平成30年7月豪雨災害について
この度の豪雨災害により亡くなられた方々に謹んでお悔やみを
申し上げますとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
DMAT、JMATその他全国から駆けつけて頂いた災害緊急医療援助隊の皆様には
心より感謝いたします。
倉敷市連合医師会では、岡山県、岡山県医師会、倉敷市関係部局等と連携し、
避難所への医療支援など行ってまいります。
医療機関ごとに義援金箱を設置し、
広く皆様方からのご支援・ご協力も仰いでおります。
一日も早い生活復旧を祈念するとともに、全力で支援活動に取り組んでまいります。

2018年7月
倉敷市連合医師会 会長 西原洋浩

倉敷市連合医師会よりご挨拶

倉敷市連合医師会 会長 西原洋浩

 倉敷市連合医師会は、昭和63年4月に、倉敷市の行政区域内にある医師会が集まり設立され、医師会員の結束と行政との連携を保ちながら地域医療に貢献して参りました。そして平成24年4月1日に、より公益性の高い事業目的を定めた公益社団法人倉敷市連合医師会になり、新たな歩みを開始しました。
 2025年に向けて高齢化が急速に進みますので、地域では救急から在宅まで医療への要望がますます大きくなってくると思われます。市民の皆様へ質の高い医療を提供するため学術講演会を開催し、医師の医療水準の向上を目指し、また、倉敷市と連携して夜間急病診療事業や学校保健にも貢献して参ります。
 倉敷市連合医師会は地域医療の要としての認識を会員がしっかり共有し、連携を深めながら日常診療を実践していく所存ですので、今後とも益々のご支援をお願い致します。
以下に今年度の事業計画を記載します。
児島医師会 倉敷医師会 北児島医師会の一部 都窪医師会の一部 玉島医師会 吉備医師会の一部
  • 特定健診・指導実施機関一覧表
  • 休日夜間診療 当番スケジュール
  • 広報くらしき掲載医療情報

赤ひげ通信

Page top